カーライフ百科事典
車のことで知りたいことが見つかる!
免許・手続き

AT限定解除後にするべき練習内容

AT限定解除審査に無事合格したものの、教習所内の運転のみで本当に公道を走行できるのか、心配になる方も多いかと思います。

そこで本記事では、公道走行に必要となる練習メニューを紹介します。

最初のうちは早朝や深夜など、車の少ない時間を狙って練習してみましょう。

Step1:公道に出る前に

シートポジションやミラーの位置を合わせる

当たり前のことではあるのですが、まずは自分の体形に合うよう、シートポジションとミラー角度を調整しましょう。

特にシートポジションについては、クラッチ操作のしやすさが変わるため、絶対にしておいた方がよいです。

MT車におけるシートポジションの目安としては、クラッチペダルをいっぱいに踏み込んだ時、左ひざが少し曲がる程度になる位置が目安です。

また、肘が少し曲がる程度には背もたれを起こしましょう。

発進・バックを何回か駐車場で行う

公道での練習をする前に、平坦な駐車場で発進・バックを繰り返し練習しておきましょう。

主な目的や理由としては

  • 半クラッチの位置を把握する
  • 発進に慣れる(発進時が最もエンストしやすい)

ということになります。

慣れないうちは、クラッチを1秒で1cmずつ上げていくようなイメージで。

ある程度エンストせずに発進できるようになったら、公道に出てみましょう。

Step2:半クラッチ・発進に慣れたら

発進がある程度できるようになったら、40~60km/hで走行できるような幹線道路に出てみましょう。

平坦路での加速・減速

まず練習すべき内容は「加速チェンジ」と「減速チェンジ」です。

教習所内では、ほぼ2速までしか使用しないため、3速以上に入れるタイミングが分からないかと思います。また、場内で停車する際はシフトチェンジせずに停車していたかと思います。

しかし、公道で走行する際は速度に応じてギアを選ばないと燃費が悪化したり、減速する際に必要なブレーキ力が得られにくかったりします。

そのため、まずは比較的運転のしやすい平坦路でのシフトチェンジを練習しましょう。

車種にもよりますが、筆者の場合は以下のようにシフトチェンジしていますので、参考にしてみてください。

加速チェンジする速度(一般道)
  • 1速→2速:20km/h
  • 2速→3速:40km/h
  • 3速→4速:50km/h前後をキープできる場合
  • 4速→5速:60km/h前後をキープできる場合
減速チェンジする速度(一般道)
  • 5速→4速:50km/h
  • 4速→3速:40km/h
  • 3速→2速:20km/h
  • 2速→1速:10km/h(商業施設等への駐車場に進入する場合など)

サイドブレーキを引かずに坂道発進(主にゆるい坂道)

バリアフリー法に対応している程度の傾斜であれば、サイドブレーキを引かなくても十分発進することができます。

また、自宅の駐車場などは傾斜が付いていることが多く、アクセルとクラッチを上手く操作しないとスムーズに車庫入れできないです

このような場面での運転を見越して、サイドブレーキを引かずに坂道発進する練習をしておきましょう。

サイドブレーキを引かずに坂道発進する手順
  1. 後方確認をし、後続車との距離を確認する
  2. ギアを「1」に入れる
  3. 右足をアクセルペダルにサッと移して軽く踏み込み、同時に半クラッチにする
  4. 半クラッチをキープしつつ、アクセル量を調節する
  5. 発進できる

サイドブレーキを引かずに坂道発進する場合、3番目の「右足をアクセルペダルにサッと移して軽く踏み込み、同時に半クラッチにする」が難しく感じるかもしれませんが、練習すればできるようになります

後方に車がいない場面などで、少しずつ練習していきましょう。

また、車庫入れについてはギアが「R」に変わる以外は同じです。

Step3:街中での運転に慣れてきたら

山道走行

山道走行はアップダウンがあるうえにカーブも多いため、シフトチェンジの練習にはうってつけです。

また、登坂車線のあるような道では、適切なギアを選んで走行しないとみるみる失速してしまいます。

尚、山道走行には突然急カーブが現れることがあるため、練習は明るい時間に行いましょう

ブリッピング

ブリッピングと言われると、スポーツ走行をする人向けのテクニックに思われるかもしれませんが、ブリッピングは一般道の走行でも使えるテクニックです。

特に重宝するのが上り坂の続く道。

クラッチを素早く繋ぐことができるため、上り坂で失速する前にシフトダウンできるというメリットがあります。

ブリッピングを練習するのであればタコメーターがついている方が望ましいですが、ない車種であっても練習自体はできます(筆者の場合、タコメーターなしの車で練習していました)。

どうしても心配なら「MT注意」マークを貼る

Amazonなどでも販売されていますが、「MT注意」と書かれているマグネットを貼っている車を見たことがある方もいるのではないでしょうか。

このマグネットを後部に貼り付けておくと、多少は車間距離を空けてもらえるかもしれません。

併せて「🔰初心者マーク」も貼っておくと良いでしょう。

免許を取得してから1年以上経過している方が初心者マークをつけても罰則等はありません。

まとめ

本記事では教習所内では練習できない内容を中心に、ピックアップしました。

MT車はAT車と比べて、運転に慣れるまでの難易度が高いですが、運転に慣れてしまえばMT車の方がより楽しく運転できますし、その経験や知識はAT車の運転にも活かすことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT ME
りょー
GR86オーナー。ブログ初心者。 地方国公立大学にて機械工学を学んだ後、機械メンテナンス業務に従事(非自動車)。 自身の経験談も踏まえ、車に関する様々な情報を発信中。